So-net無料ブログ作成

佐原の大祭(7月) [地図帳]


ちょっとさかのぼって先週の話。
今が見ごろのハスを求めて水郷佐原水生植物園まで足を伸ばした日はちょうど佐原の大祭の初日でした。


本当にいいお天気で、日焼け三昧


利根川沿いの駐車場から街中への移動手段はなんと船!
風が心地よいー





歴史や神話の人物の大人形を戴いた山車が街中を曳き廻され、所々でお囃子に合わせて曳き手たちによる手踊りが披露されます。
初日は乱引きとのことで、ルートやスケジュールのわからない一見さんが山車に出会えるかどうかは運次第?





この日出ていたのは9台とのうわさでしたが、船ですれ違ったのも含めて7台は見ることができました。




人形ばかりに目が行ってしまいますが、お囃子の人で隠れている部分の彫刻が見事なのです。
(写真は山車会館の展示。秋祭りに登場します)


小野川。とても雰囲気のある街です。




お昼は名物のウナギをいただきました。
私は白焼き、相方はうな重です。

この後道の駅で野菜や果物を買い込み、明るいうちに帰路につきました。
いっぱい歩いてくたびれたけど、すっごく楽しかった!
(初日で空いていたのが幸いでした。あの暑さの土日だったらくたばっていたかも…)


写真の大きさがまちまちなのは私の不注意です。すいません。


国の重要無形民俗文化財 佐原の大祭
http://www.city.katori.lg.jp/taisai/index.html

立田でハス見 [地図帳]


SN3D03850001.jpg


昨日まで帰省していました。

お出かけの途中で立ち寄ったのが、道の駅 立田ふれあいの里

地場野菜や特産品の蓮根を使ったお惣菜などの販売がメインです。
レンコンソフトを食べてみましたよ!
(しっかりしたバニラのソフトクリームに蓮根パウダーとレンコンチップス)

周りのハス田にはまだ花の咲いているところがありました。

自分土産には切花の花ハスを購入してみました。
咲くのかな~?


道の駅立田ふれあいの里


道の駅 立田ふれあいの里
http://www.cbr.mlit.go.jp/michinoeki/syousai/aichi/a_10.html

全てを灰色に染める… [地図帳]

090201_1124~010001.jpg


黒ゴマドレッシング

写真ではよく分かりませんが・・・ねずみ色のサラダです。
めちゃめちゃおいしいですよ。


京葉道路の幕張PA (PASAR幕張) 下り線側にある和食ビュッフェ「千葉の恵み 千のぶどう」にて
上品においしいレストランです。

PASAR幕張

PASAR 京葉道路幕張PA


温泉 [地図帳]

090117_1805~010001.jpg090117_2311~010001.jpg

と いうことで、熱海に来てます。

お正月より食べた…


夜が長いので チクチクキットで時間潰し中。
ああ、幸せ

海へ [地図帳]

090117_1512~010001.jpg
海岸沿いをドライブ中
大磯のあたりかな


日焼けしたような気がする。

なぜか浅草 [地図帳]

浅草名物 ビール酵母


野暮用でクリスマスイブの夜に独り浅草です。


吾妻橋の橋桁に萌え~

橋げた1橋げた2

吾妻橋
ありゃ、手前に何か写り込んでる・・・



そういえば最近萌えって聞かなくなりましたね。

バラ見の季節 [地図帳]

SN3D0069.jpg
この春も岐阜の花フェスタ記念公園に行きました。

満開一歩手前ですが、一番香りの良い時だと思います。
谷になっている「世界のバラ園」に下っていくと香りが底に封じ込められているのが感じられます。
あの瞬間が大好きです。

花フェスタ記念公園


タグ:バラ

笠間ひまつり [地図帳]

笠間焼きのお祭りに行ってきました。

080429_2246~01.jpg

陶芸好きの友人と、思い切って遠出です。

部屋で撮った写真が暗いですね。
購入品では陶器のドリッパーとポットのセットとウサギ柄の蕎麦猪口がお気に入りです。

市価の半額!みたいないわゆる陶器市ではなくて、作家さんたちの個性あふれる作品が出展されています。
GW中開催されているのでお近くの方は是非♪

080429_1447~01.jpg

笠間ひまつり 2008/4/29~5/5
笠間芸術の森公園にて

笠間芸術の森公園



沼津で満腹 [地図帳]

ひょんなことから沼津方面へ出かけることに。

東名でなく、小田原箱根道路のほうからのんびり山道ドライブになりました。。

あいにく雨が強くて写真を撮ることはできませんでしたが、
見事に咲いている藤や山あいから立ち昇る霧など見所満載でした。


お魚いっぱい食べました。でっかい掻き揚げもおいしかったよ。
漬け丼上刺身盛り合わせ掻き揚げ
お店の中が暗くて手振れしたかも。

怪しいお土産、カレーラムネ。飲むのは相方の担当ってことに・・。
カレーラムネ

江戸っ子あるいは東京LADY [地図帳]

相方は東京下町の出身。
義父母も叔父さん叔母さん方もチャキチャキの江戸っ子です。

特に義母方の叔父さんは着流しに町内会の半纏でお祭りや夜回りを切り回し、
安くておいしいものに出会ったときの台詞が
「なんだい、こいつぁ生意気だね」
って感じでしびれます。超かっこいい。

義父母ではお義母さんのほうがより江戸っ子っぽい、というか、東京のご婦人方の言い回しでおもしろい(interesting)です。

お茶をしているときに後ろの席が東京弁の奥様コンビだったりすると、わたし的にはかなりツボ。

「ああいうのをダメオトコっていうんだワ」
「上納金を取られちゃったりするのヨネ」

かなり下世話な内容なのに、妙に丁寧。
ふた昔前の少女マンガみたいな女性語満載なんです。
姪っ子(4歳)が「ヒナはお姫様だわよぉ~」って言うのは義母がうつしたに違いない。

そんな丁寧な東京レディですが、やっぱり根はチャキチャキなんです。

今日隣り合わせた年配の奥様方はまるで自分の親戚のようにやんごとなき御家系のご心配をしておられました(これがすでに東京ならではと思います)。
「やっぱりヒサシトサマかしら」
「んもうっ、シサヒトシンノウって言いにくいわねっ!」

そう、江戸っ子には「ひ」と「し」の使い分けが微妙な方が多いのです。

最初に登場した叔父さん(墨田区在住)の場合
「天気がよかったからネ、渋谷まで歩いて行ったんだよ」
「えぇっ!すごいね。何時間かかるの?」
「チョイチョイっと行って1時間ちょっとだろ」

・・・?

よくよく聞くと、シブヤ(渋谷)じゃなくて ヒビヤ(日比谷)だったという、江戸弁のお手本のような話。
江戸っ子継承者であるはずの相方にも判別不能(名古屋在住が長すぎたのか?)


文書変換「江戸っ子」
http://www.edo.net/goinkyo/edo.html
あんまり精度はよくないかな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。